名古屋 インプラント 金山 熱田区 名古屋金山ペリオインプラントセンター 金山駅近く

メール相談はコチラ

TEL.052-671-0650

愛知県名古屋市熱田区新尾頭1丁目6-18

治療の流れ

本多歯科医院

MOBILE SITE

治療の流れについて

インプラント手術は、通常の保険診療とは違い、高い専門性が必要とされる治療です。
そのため、治療に入る前の問診、健康検査、レントゲン検査等をしっかり行い、患者様の要望も踏まえたうえで治療を開始いたします。
またインプラント手術には、1回法と2回法があります。一度目の手術でインプラント体を埋入するための穴をあけ、インプラントを埋入する。1回法ではインプラント体の頭を出したまま、骨と結合させるのを待ちます。2回法では一度歯肉でインプラントを覆い骨と結合させ、再度手術によってインプラント体を露出させ、かぶせものをかぶせます。

調査

無料カウンセリングをしっかりと行い、患者様に合った治療方法をレントゲンや歯型の模型をもとに診査診断し、治療計画と治療費についてご説明をいたします。

インプラント手術

歯がないところへインプラントを埋め込んだ後、あごの骨にしっかりと結合するまで、6週間~6ヶ月ほど待ちます。ほとんどの場合、入院の必要がありません。1回法についてはあけた穴はそのままにしておき、2回法については一度穴を閉じて、骨とインプラントの結合を待ちます。
※期間については治療方法により異なります。

当医院は、口腔外科処置をパルスオキシメーターを使って、心電図、血圧、脈拍などを測定しながら治療しておりますので安心です。

上部構造装着(1回法) 2次手術(2回法)

骨とインプラントがしっかりと結合しましたら、アバットメントを固定させ、その上に上部構造(白いセラミック製などのかぶせもの)を装着させます。

骨とインプラントがしっかりと結合しましたら、塞いでいた歯肉を切開し、アバットメント、上部構造(白いセラミック製などのかぶせもの)の順に装着させます。

メインテナンス

定期的な検診は、最初は月に1回、状態が落ち着いてきたら、2・3ヶ月に1回、その後は半年に1回が目安になります。
インプラントの状態を調べます。
噛み合わせに不具合がないかを調べます。
お口の中の衛生状態などを調べて、専門的な清掃を行います。

インプラントにおけるその他の治療

骨がやせていて十分な骨幅や高さがない場合は、インプラント治療をすることが困難になります。
このような場合でも、専門的な口腔外科処置により、インプラント治療を受けることができます。下記が主な処置になります。

GBR(骨誘導再生法)

骨がやせていてインプラント治療に十分な骨幅や高さがない場合に、人工膜(メンブレン)で覆い、骨の再生を促して増大させます。
再生した骨にしっかりとインプラントを埋め込むことができます。

サイナスリフト(上顎洞挙上術)

あごの骨の厚さが不足し、インプラントが上あごの上部にある上顎洞という空洞につきぬけ、不安定になってしまうのを防ぐ為、歯ぐきの側面から歯槽骨と上顎洞の間にあるシュナイダー膜を押し上げ、骨補填剤を中に注入します。その後インプラントを埋め、固定させます。

ソケットリフト(上顎洞挙上術)

サイナスリフトと基本的な治療目的は同じですが、サイナスリフトが歯ぐきの側面からアプローチする処置であるのに対して、ソケットリフトは歯の抜け落ちた穴からのアプローチで骨補填剤を注入して処置を行います。

Page Top